今更ハマった、消せるえんぴつの凄さといった彩り収集

消せる鉛筆が世の中に出てきてから早何世代、派遣で訪れた会社で、ようやく消せる鉛筆をつぎ込みました。
とはいえ自分から扱いをしたわけではなく、企業からサプライされた文房具の中についつい入っていたのでした。

何の気持ち無しに使ってみたスポット、どうして二度と手早く使わなかったんだろう!という使い認識の良さに衝撃を受けました。
書き易いし、左利きの人間の戸惑いだった単語のこすれもないのです。勿論間違ったら、簡単になくすことができます。
今まで書損じたら、わざと操作液やテープとして汚くなっていたので、ビジュアルもよくなりました。

カスタムに買いに行こうと文房具を使うお店に行くって、こういう消せる鉛筆は、色等級も半端ないことに気づきました。
勝手なイメージで黒赤青緑ぐらいしかないだろうなと思っていたら、パステルカラーものの良い色あいも根こそぎ出ているんですね。

インクが3つついた物品もあれば、人間というコラボしている物品もいくらでも出ていて、
これでライフスタイルが括るなと思いながら台数雑誌買い、愛用しています。スロットをどうしてもやめたい。